6FJ7シングルアンプ・本番機の配線完了~動作確認

6FJ7シングルアンプの配線を進める。立ラグ周りは奥まっているので順序をよく考えないといけない。配線をハンダ付けするだけですいぶん時間がかかってしまった。

アンプ部基板に配線を取り付けてから仮置きし、ちょうど良い長さにカット、一気にハンダ付けした。最後に100uF400Vの電解コンデンサを両面テープで貼り付け、リードをハンダ付けしたら全て完了だ。


画像

配線の終わったシャーシ内部。余分な配線をカットしたので試作機よりは幾分スッキリしたかな。


画像

反対側から見たところ。

これで目の疲れる作業が終わったのでひと安心。回路図を印刷して配線チェックを行う。

続いて動作確認を行う。真空管を挿さないで電源をオンして+B電圧の確認。350Vくらい。

真空管を挿して+B電圧の確認。319Vに落ち着いた。続いてカソード電圧の確認。14.8Vくらい。各部の電圧を確認。問題なし。


画像

実測の電圧を赤字で示す。

DMMをAC電圧レンジにしてSP端子につなぎ、RCA端子に指を触れて電圧が上昇するのを確認。動作一発OKだ。

測定器やオシロをつないで動作の確認。問題なし。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック