マルチテスターLCR-T4をケースに入れる

先日購入したLCR-T4は裸のままだと壊しそうなのでケースに入れることにした。


画像

100円ショップでおかず入れ?を買ってきた。


画像

基板は4本の黄銅スペーサーで固定。LCR-T4には78L05が使われており最低動作電圧が7Vのようなので単4電池6本にした。電池ボックスは単4×6本のが無いので4本と2本を1個ずつとした。

電源スイッチを省略したが、電池がどのくらい保つのかはわからない。


画像

フタを閉めたところ。こうしておけばホコリは入らないし積み重ねることができる。フタを開ければ即測定開始。


画像

2SC1815GRを買ってきたので10個だけ測定してみた。手測定でのhFEが291~332にバラついているのに対しLCR-T4は423~424の値しか示さなかった。これはおかしい、というかGO/NOGO判定でしか使えない。

2SC2240を測定してみると500何がしかのhFEを示すので壊れているわけではない。だから目安にはなるだろうけどトランジスタのhFEを選別するなどの用途には適さないと思う。




スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック