6HA5パラシングルアンプ・動作確認

6HA5パラシングルアンプは配線チェック後に電源投入、2SC1815エミッタの電圧を13.5Vに調整する。その後、真空管を挿して電源投入、電圧をチェック。

Rchのカソード電圧が9V程度と低い。グリッド電圧も下がっている。プレート電圧が測れない。発振が起きているらしい。Lchは大丈夫そう。

プレート配線を竹ピンセットで動かすとカソード電圧が変化する。設計値と同じ14.7Vが出たところで動かすのを止めた。


画像

実測の電圧を上記に示す。ほぼ設計と同じ。プレート電圧は電流が倍になって電圧が下がるのを忘れていた(汗)。

RCA端子に指を触れ、SP端子のAC電圧が上昇するのを確認。最初はトラブったが、配線を動かすだけで動作確認がとれたのでOKとするか。


画像

プレート配線の引き回しを変更し、6HA5のグリッド抵抗のリードを極力短くなるように修正した。


画像

測定器をつないで特性の確認。利得は39~40倍もある。周波数特性は低域-3dBが23~24Hzと3HA5シングル(24~25Hz)と殆ど同じ。rpを並列にした効果が出ていない。

高域-3dB点は21.5KHzで、3HA5シングルでは28~29KHzだったので下がっている。これはパラレルでCp-gが倍になったため。DFは1.5~1.6と高くなった。

残留ノイズは0.3mVとあまり低くない。チョークを入れたのでFETリプルフィルタの入出力電位差をギリギリに設計したためだろう。一般に入出力電位差を大きく取ったほうが残留ノイズが低くなる。


考えられる変更点としてはOPTの1次を7Kから14KΩに変更してみる、+Bの整流直後のコンデンサC5を47uFから倍の94uFに増やしてみる、VR2を低くして利得を減らしてみる、などか。
    

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック