EL32シングルアンプ・シャーシ加工2回目

苦行をもう1回やることにした。それはシャーシ加工。先日完了したEL32シングルアンプのシャーシは厚すぎて気に入らない。(株)奥澤に電話をかけたらO-27の在庫ありということだったので1個買ってきた。

O-27はW250mm×D150mm×H40mmで、O-26はH60mm。この差はデザイン的にかなり影響することがわかった。これからはシャーシ加工に入る前に必ずパーツを並べて確認しよう。


画像

2台のシャーシを並べて撮影。加工自体は2回めのせいか順調に1日で終わった。やはりシャーシは薄いほうが格好いいよね。立ラグにアキシャルリードのコンデンサなら薄いシャーシで問題ないが、平ラグにラジアルリードのコンデンサだとついシャーシを厚くしてしまう。


画像

背中合わせに並べてみた。上側が新しいシャーシ。電源の平ラグ基板と電源トランスが接近していたので、電源トランスを5mmずらしてある。

後は再度仮組みをしてパーツの干渉が無いかどうかをチェックする予定。


ところで自宅で金属加工をやると騒音が出る。いつか苦情が来るのではないかとヒヤヒヤしているが、もし本当にそうなったらひとこと「仕事です」と言えば良いのだ。これは妻からの入れ知恵だ。

日本なら仕事ですと言えば何でも許される。もっとも騒音が出るのは数ヶ月に数日だから苦情を言われるほどではないかもしれない。

表札のところに「真空管オーディオ研究所」みたいなものを掲げ、作業服を着ていたら誰にも怪しまれることはないかもしれないけど、さすがにそこまでやることはなかろうと思う。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック