6N6Pパラシングルアンプ・+Bにチョークコイルを入れてみた

先日の拙ブログでリプルフィルタのシミュレーションをやってみたけど、実際に実験で確かめてみることにした。


画像

実験台には拙6N6Pパラシングルアンプを使った。このアンプは+BにFETリプルフィルタを使っているが、残留ノイズは0.3~0.4mVと多め。


画像

実験に使うチョークコイルはノグチトランスのPMC-115H。インダクタンス1Hで最大電流150mA、DCR27Ω、サイズはW61mm×D33mm×H37mmのもの。実測190g。


画像

回路図を上記に示す。赤枠で囲んだ部分が追加したチョークコイルと47μFの電解コンデンサ。


画像

結果を上記に示す。測定にはVP-7721A(未校正)を使用。チョークコイルを入れる前には残留ノイズが0.3~0.4mVあったのが40~50μV(0.04~0.05mV)に激減。

残留ノイズには+Bのリプルの他に電源トランスからの誘導ハム、真空管のヒーターハムなどがあるわけで、+Bのリプルが殆どを占めていたことになる。

ちなみに+B電圧は現状が297Vだったのがチョークコイルを入れたら295Vになった。チョークコイルによる電圧降下は2V程度ということになる。

ここまで残留ノイズが減ればヘッドホンアンプとしても使えるだろう。次期6HA5パラシングルアンプにはチョークコイル+FETリプルフィルタを採用しようと思っている。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

klmnji
2016年11月21日 20:45
シングルで、スペースがあればチョークを使いたいですね。
小型でこの程度のDCRで、カバー付きないかな?
電源トランス横のシャーシ外になら取り付けられそうなんだけど・・・
おんにょ
2016年11月21日 21:15
klmnjiさんこんばんは。
近いものとしては春日無線のKAC-210でしょうか。電圧降下が2Vから4~6Vになりますが。
おんにょ
2016年11月21日 21:24
小ワザですが、FETリプルフィルタに入力されるリプルが少なくなりますので、それの電圧降下を減らせばチョークを入れることによる電圧降下を相殺できると思います。
klmnji
2016年11月21日 22:46
おんにょさん、その手がありましたね。
すけさん
2016年11月22日 20:55
こんばんわ。やっていますネ、中々便利なCHですよ。前段のドライブなんかにチョロット入れて使っています。CHごとに入れて遊んでいます。アースりターン側にも入れるとどうなんだろう?今度やってみます。
おんにょ
2016年11月22日 22:12
すけさんこんばんは。
なるほどデカップリングに使うんですね。電圧が殆ど落ちないのでドライブ電圧を稼ぐのにも有効ですね。

この記事へのトラックバック