3HA5シングルアンプ・シャーシレイアウト図作成

そろそろ本番機を、ということでシャーシを買ってきた。奥澤のO-35でW170mm×D120mm×H50mm、t1.0mmのアルミ弁当箱。自分としてはかなり小さめのシャーシだけど、果たしてちゃんと組めるかどうか?


画像

シャーシ上にはOPTと3HA5が2本、シャーシ内には電源トランスとヒータートランスを入れる構造にした。アンプ部基板は平ラグ12Pから10Pに変更する。


画像

赤丸印のところはトランスと平ラグが立体交差するところで、微妙なので実物合わせでないと難しい。


画像

実際にはこんな感じ。最悪トランスを斜めに配置すれば何とかなるかなあ?

シャーシ上にSP端子、フロントパネルにRCA入力端子を取り付けるようにすればもっとレイアウトに余裕が出るのだろうけど、つまらんコダワリで見栄えを優先するからこうなった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

klmnji
2016年09月16日 21:58
小さーい
私がミニワッターでいつも使っているケースは、タカチのCH6-22-14(220 x 55 x 140)ですから。
おんにょ
2016年09月16日 22:17
klmnjiさんこんばんは。
シャーシの折り返しが4辺にあるので、順番をよく考えて組み立てないと難しそうです。

この記事へのトラックバック