6B5シングルアンプ・オーバーオールNFBをかける

KNFをかけた6B5シングルアンプにオーバーオールNFBをかけることにし、DFが2以上となるNFB抵抗の値を探ったら270Ωとなった。ずいぶん低い。


画像

総合利得は6.6倍となり、オーバーオールNFB量は6.1dBとなった。これくらいNFBをかけないとDFが増えない。


画像

周波数特性。63KHzに+0.26dBの小ピークが生じた。低域は20Hzで-1.6dBとなった。


画像

NFB抵抗と並列に位相補正容量2200pFを入れて少ピークを下げた。


画像

現状の回路図を上記に示す。


画像

歪率特性。最低歪率は0.7%で、予想どおりNFBをかけても低くならない。ただ、~みたいな特性カーブにはならず、おわん型になった。歪率5%での出力は100Hzの2.2Wがリミットするが、1KHzでは2.6W出ている。

この状態で再び試聴。耳が慣れたのか、それともエージングが進んだのか低音が以前より出てきているように感じる。中高音の鮮やかさ(輝き?)が特徴で、NFBをかけても変わらない。う~ん、ステレオで聴いてみたい。

実験機だからOPTを手持ちの春日無線KA-5070Sに交換してみても良いが、もしこれで行くことになったらOPTが大きすぎる気がする。でもKA-5070Sの就職先としては良いかも。

利得が6.6倍と私が製作する真空管アンプとしては低いので、初段をFETによるカスコード回路にしてみるか。あまり複雑にするのはどうかと思うけど、実験機だから試してみようかな。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック