6B5シングルアンプ・シャーシ加工

画像

穴開け図に十字線を入れた加工図を作成。印刷した紙をシャーシに貼り付けて罫書き、オートポンチでマーキングする。


画像

穴開け方法はいつもと同じなので省略。角穴と大きな丸穴が開け終わったところ。

シャーシの奥行き200mmというのは微妙で、ドリルスタンドの高さ調整を目一杯上げてもドリル刃がつかえてしまう。シャーシ前後の穴開けは椅子と工具箱を重ねて高さを作り、その上にシャーシを乗せて開けた。


画像

加工が完了したのが上記の画像。今回はシャーシの裏側を撮ってみた。


画像

反対側から見たところ。


画像

ACインレットの穴は角にRをつけた。Rをつけないと外側から穴の角が見えてしまう。手作業の角Rは結構難しい。


画像

電源トランスの角穴はコッピングソーで開けた。騒音が近所迷惑だが15分くらいだから我慢してもらう(笑)。どうせ見えなくなるところだけど直線になるようにするのが密かなこだわり。


画像

ロッカースイッチの角穴はノギスで測って13mm×19.2mmで開けた。メーカーのホームページを見たら13mmではなくて13.1mmだったけどまあいいや。


画像

真空管ソケット穴は30mmのシャーシパンチで開けた。放熱穴はずれると目立つので、3.2mmで開けた後に丸ヤスリで穴を罫書き線の中央に来るように修正するのがキモ。その後ステップドリルで広げるが、大抵の場合均等に広がるのでずれない。ドリルスタンドのレバーが下がりきったところで所望の大きさの穴が開くようにする。ステップドリルはペンでマーキングして穴開けの目安とする。

大きな山を越えた。この後仮組みをして穴の修正や追加が無いかどうか確認する予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

grigri
2016年07月30日 12:17
 綺麗に加工されましたね。
 ドリルスタンドの高さが足りないとき、ハンドドリルを使いますが、綺麗にいかないので、必ずヤスリの修正を行います。身近に高性能な工作機械を有償で使える所が有ると良いのですが・・・
おんにょ
2016年07月30日 18:27
grigriさんこんにちは。
やはりNC加工設備を備えたところに発注するのが良いと思います。体力が衰えたらシャーシ加工はそういうところに頼んで作ってもらうつもりです。

この記事へのトラックバック