6B5シングルアンプ・2号機を製作

画像

いままでの実験機を1号機としよう。2号機を製作した。解体したEL32シングルアンプに組んだ。


画像

穴開けはわずか、モノアンプなので2日で完成した。中央下のUSソケットは1号機への電源供給用。


画像

ヒーター電源やDCDCを取り去った1号機。内部はスカスカになった。左のUSプラグを2号機に差し込むようにした。


画像

回路図と実測した電圧を上記に示す。①は1号機で②は2号機を示す。+B電圧は電流を目一杯取り出したので設計より低くなった。トランスのタップから1.2倍くらい、今回は1.22倍。6B5の電流が減ってトランスの仕様の0.1A以内におさまった。


画像

特性を上記に示す。OPTの8Ω端子からNFBをかけるように変更しNFB抵抗は1.2KΩとした。40KHz付近に小ピークが生じたので位相補正容量として1000pFを入れた。

DCDCがあった時はその高周波ノイズで残留ノイズが下がらなかったが、トランス電源によって0.2mV~0.3mV程度におさまることがわかった。

次回は詳細は特性を測定する予定。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック