SG-205シングルアンプ・トラブル

配線チェックを行った後、真空管を挿して両チャンネルのカソードに2台のDMMを接続して電源を入れる。

初段の半固定はSG-205のグリッドが80V程度になるように合わせてあるはず。Rchのカソード電圧を110Vに調整。ところがLchのカソード電圧が170Vもあって半固定を調整しても下がらない!

SG-205に57mAも流れてしまっている。慌てて電源を落とす。

真空管をLchのみ抜いてグリッド電圧が80Vとなるように調整する。なぜだかわからないが調整できた。

オシロ・ミリボルトメータ・オシレータをつないで波形観測。Lchの利得が低い。Rchの大体2/3位しかない。また、残留ノイズが40~50mVもあり、ハムバランサを調整しても変わらない。

SP端子をオシロで波形観測し、電源のリプルと同じ波形が出ていることがわかった。+Bのリプルも数10mVある。これは変だ。

左右チャンネルに同レベルの信号を入れ、グリッドの波形に差があるのを確かめた。SG-205ではなくアンプ部基板がおかしい。

Lchのアンプ部基板を外して確認したところ、2SC3790が壊れていた。原因はわからない。

壊れたTrを新品に交換してテストすると、左右チャンネルの波形が同じになった。

+Bのリプルが多いのは、リプルフィルタ2SK3067のソース・ドレイン間が単なる抵抗になってしまっているからだった。やはり原因はわからない。

壊れたFETをTK6A65Dに交換する。これは6A650Vのもの。2SK3067のVDSSは600Vだから壊れるはずはないのだが、何か異常が起きたに違いない。

FETとTrの交換で正常動作することを確認。利得は11.1倍、残留ノイズはハムバランサを調整して0.22mV位になった。


画像

壊れた2SC3790と2SK3067。2SC3790が壊れて2SK3067を道連れにしたとも考えにくい。初段の電源はTK3A60DAによる定電圧電源になっているからで、そちらが最初に壊れるだろう。

何しろ原因不明なので同様なことが今後起こるとも限らない。ただ壊れた2SC3790は片チャンネルだけなので、ハンダゴテの熱による破壊も考えられる。

+B電源が壊れている間は電源オンの+B電圧ディレイがかからないのでショートループのコンデンサ100uF450Vに過電圧がかかったはず。450V耐圧のところ480V程度だったのと短時間なので大丈夫だったのだろう。

短時間ではあったがSG-205に電流を流しすぎてしまった。壊れなくて良かったが、確実に寿命が縮んだに違いない。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック