VT-62シングルアンプ・シャーシ加工

画像

シャーシを入手したので加工を始めた。穴開け図を印刷してシャーシに貼り付け、定規とカッターで罫書き。


画像

一番大変な角穴から始めた。電源トランス穴はステップドリルで13mmの穴を開け、ハンドニブラーで広げ、コッピングソーで一周をくり抜き、ヤスリで整えた。ACインレットの穴も同様。ロッカースイッチの穴は、丸穴を2個開けてヤスリで広げた。

私には1.5mm厚アルミは大変だけど時間をかければ何とかなるレベル。油圧パンチが欲しいなと思うことはあるけれど、購入代金でシャーシの発注が5~6回できてしまう。


画像

丸穴が6個開いた。それぞれ25mmと30mmで、シャーシパンチを使った。潤滑油に洗剤の原液を使うと、後で水洗いするだけで済む。


画像

ステップドリルで8mm~13mmの穴を開けた。


画像

穴位置を修正しているところ。手をシャーシ上に置き、丸ヤスリを手首のスナップで削ると穴からヤスリが外れることがない。3.2mmで開けたところで穴修正を行う。罫書いた十字の中央に穴が来るようにする。

なお軍手を使うのは手作業の時だけにする。電動工具を使う時には軍手をしてはならない。誤って巻き込まれると大怪我をする恐れがあるから。


画像

全部の穴が開いた。裏蓋もぬかりなく穴開けした。ここまでできれば半分完成したも同然。


画像

カソードチョークの固定穴を追加した。当初は貼り付けボスにしようと考えていたが、固定できるのならビス止めにしたほうが良いだろう。トランスケースの下になるので、ネジの頭が飛び出さないように皿ネジとし、皿もみを入れた。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック