SV811-10Aシングルアンプ・本番機の特性確認②

画像

基本的な動作確認が取れたので、特性を測定した。試作機の再現性があるかどうかが目的。


画像

諸特性から。試作機との差は測定誤差の範囲か。残留ノイズは少し低くなって0.2mVとなった。


画像

周波数特性。これも殆ど同じ。


画像

歪率特性。1KHzの0.05Wから1Wにかけての特性が変化した。これは初段アンプ部での2SC3790のコレクタ電圧が高くなっていたのを144Vに調節したためだと思われる。


画像

オーディオアナライザで0.5Wにおける歪率が最も低くなるように半固定抵抗を調整した。コレクタ電圧は167Vくらい。

歪み打ち消しが上手くいったために0.2Wの歪率は0.02%台まで下がった。まるでハードディストーションのようなカーブになっている。でも1W以上の歪率が悪化したので、結局コレクタ電圧を元に戻した。


画像

2台並べて観葉植物を入れて記念撮影。

ハムバランサとバイアスボリュームはどっちがどっちか忘れてしまうだろうから、ラベルシートを作って貼り付けた。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年01月05日 23:35
特性も良いですがカッコ良いですネ!
観葉植物を配して撮ると市販品の様です♪
聴いてみたいな~(^_-)-☆
おんにょ
2016年01月06日 18:37
デュプレさんこんばんは。
どうもありがとうございます。モノアンプ2台というのは初めてで、何とか形になって良かったです。

この記事へのトラックバック