CH-3030Z

真空管アンプビルダーには見向きもされないかもしれないチョークコイルを真面目に測定するシリーズ(笑)。VT-62シングルアンプのカソードチョークとして採用予定の東栄変成器CH-3030Z

カソードチョークは以前SV811-10Aシングルアンプでの代用として東栄のT-1200を試したことがある。DC重畳30mAでのインダクタンスは50Hzで16.9Hだった。案外カソードチョークのインダクタンスがあまり高くなくても周波数特性や歪率に悪影響を及ぼすことは無いみたいだ。たった一例だけど。


画像

CH-3030Zの仕様は30H30mA、DCRは890Ω±5%、サイズはW60mm×D34mm×H38mm、重量は170gとなっている。1個 1,037円(2016年1月現在、店頭にて購入)。

CH-3045Zより一回り小さく、重量は実測179gだった。

DCRをデジタルマルチメータで測定したら795Ωと791Ωだった。890Ωの-5%は845.5Ωだから仕様を満たしていない。というか、デジタルマルチメータでは正確に測れないのだろうか。

いつものようにインダクタンス・インピーダンス測定治具を用いて測定することにした。DC重畳電流はVT-62シングルアンプで使用する10mAに合わせたかったが、電流調整ボリュームを絞っても12.6mAより下がらないのでその値で測定した。この程度なら測定誤差の範囲だと思う。


画像

インダクタンスの測定結果。50Hzでのインダクタンスは32.7Hとなった。ちなみにCH-3045ZはDC重畳電流20mAで34.9Hだった。


画像

インピーダンスの測定結果。CH-3030Zのインピーダンスの山は250KΩでCH-3045Zの148KΩより高い。カソードチョークとして使った場合はインピーダンスが高いほうが有利だと思うがよくわからない。

カソードチョークで出力段グリッド直結の場合、チョークの一端をGNDとするとドライブ段の電流とチョークのDCRで出力段のバイアスが決まるのでドライブ段の電流をフィッティングする必要がある。VT-62シングルアンプの場合、ドライブ段のグリッドをマイナスバイアスとしているが、その値が調整範囲にあるかどうか確認しなければならない。

同じインダクタンスのチョークコイルとして、ノグチトランスならPMC-3030H、春日無線変圧器なら4B-20MAがある。東栄変成器のCH-3030Zが一番安いというのが採用理由だが、どれが一番音が良いかなんて当然わからない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

71Aが好き
2016年01月26日 09:26
おんにょさん、こんにちは。

DCRは、20℃か25℃にて定格の電流を流した際の値の為、単体で測った場合には低めの値になります。

手元にCH-3045Z(590Ω±5%)を使用したアンプがあったので実測してみたところ、22℃の単体の時が564Ω、電流を37mA流した状態で20分経過後が578Ωでした。

正確に測るには、定格の電流を流した状態でチョークに掛かっている電圧を測定し、DCRを算出するのが良いと思います。
(私が測定した限りでは、電圧で測った場合と電源を切ってすぐに抵抗値を測った場合との差は誤差の範囲でした。)
おんにょ
2016年01月26日 18:09
71Aが好きさんこんばんは。コメントありがとうございます。
チョークに定格電流を流し、熱的平衡状態でチョークにかかる電圧を測定すれば良いわけですね。

この記事へのトラックバック