3台目のトランス式USBDAC・その4

PCを立ち上げてWaveGeneで動作の確認。問題無し。1KHzと5KHz・10KHzのレベルを一致させるように半固定を合わせる。抵抗値は637Ωにセットしてあったが、すこし高めになった。たぶん700Ωくらい。

0dB、1KHzのレベルは0.51Vとなった。残留ノイズは39μV、12μV(30KHz LPF)と低い。


画像

周波数特性。0dBの7~9Hzで小山が生じているのは、カップリングコンデンサ470μFとTpAs-202のインダクタンスによる共振と思われる。20KHzまで殆どフラットで、TpAs-203版より特性が良い。


画像

歪率特性。オーディオアナライザVP-7721Aを使用。50Hzでも歪率の悪化が無いのはトランスを昇圧しないで使っているためか。10KHzが悪めなのはLPFを30KHzにしており、高周波ノイズが含まれているため。


画像

このところSV811-10Aシングルアンプで聴いていたので確認のためそのまま試聴。ちょうどよい音量でのツマミの位置は11時半くらい(一番上のDAC)。

低音がかなり出る。高音はすこし不足している感じだったがしばらく聴いていると繊細な感じが出てきた。音のダイナミズムをちゃんと再生する。音場感も良い。

これでトランス式USBDACは3台となった。出力はTpAs-203版が2V、TF-3版が1V、TpAs-202版が0.5Vでメインアンプの利得の大小に対応する。


画像

最後に回路図を再掲。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

grigri
2016年01月21日 10:46
 何時も楽しく拝見させていただいております。
 L2,L3,18,C19の値はどの様な意図で求められたのでしょうか?
おんにょ
2016年01月21日 18:20
grigriさんこんばんは。
基本的には拙TpAs-203版USBDACを元にしています。
LPFの共振周波数は30KHzあたりに持っていくと良さそうだ、というのと、インダクタンスを減らすとDACの負荷が重くなって歪率が悪くなる、インダクタンスをあまり増やすと残留ノイズが減るが15KHz以上でのレベル低下が大きくなる、またマッチングトランス1次側に並列抵抗を入れても10KHzあたりの少ピークが見られなくなる(並列抵抗の値が大きくなる)、などを考慮して2.2mHと0.012uFとしました。詳細は別記事を新たに作成中です。

この記事へのトラックバック