3台目のトランス式USBDAC・その3

画像

完成したトランス基板。LCのパラメータが決め打ちで大丈夫かな?パーツを乗せて配置していったらこうなった。


画像

みっともない裏側も見せてしまう。ジャンパー線が1本。回路が簡単だから配線パターンを適当にやったらこうなった。トランスの片方にはM2ビスが無い代わりにケースアースの線がハンダ付けされていたのでビス止めはしていない。


画像

基板やボリュームに配線をつけたところ。まだ貼り付けボスは固定していない。後は結線するだけ。

DAC基板のチップLEDへの配線は、あらかじめ配線に予備ハンダし基板用フラックスを塗ってコテで暖めながらハンダ付け。片方ずつハンダ付けするからチップ部品が外れることは無い。基板単体でテストし外付けLEDが点灯することを確認。


画像

貼り付けボスを固定し配線が完了したところ。DAC基板を貼り付ける位置がずれて奥まってしまったがもう修正不可能。まあなんとかなるだろう。

果たして動作するであろうか?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック