SV811-10Aシングルアンプ・裏蓋の作成

アンプの裏蓋を作ろうと思って300mm×200mmのアルミ板を買ってきてある。厚みは1.0mm。

シャーシと同じ寸法だが、弁当箱シャーシの裏蓋と接する部分が弧を描いており、そのままでは裏蓋が飛び出してしまう。

もっと大きなアルミ板なら両面を罫書いて折り取るというワザが使えるんだけど、数mmのカットでは無理。


画像

裏蓋の加工図をささっと作ってみた。サイズは298mm×196mmで、短辺を2mm、長辺を4mmカットする必要がある。

意を決してイバラの道を進むことにした(というのは大袈裟か)。短辺の2mmカットは平ヤスリで、長辺の4mmカットは金ノコを使う。ハンドニブラーを持ってはいるけど、カットする両側が歪んだり傷ついてしまうので使いたくない。


画像

作業台に養生テープで貼り付けて金ノコでカットしようとしているところ。コッピングソーに比べカット時の騒音が少ないのが嬉しい。


画像

全長のカットは金ノコがつかえてしまうので反対側からもカットした。途中で養生テープが剥がれてきたのでクランプを使って押さえた。

カットできたら平ヤスリで均す。これが大変で両手を使った。左手でヤスって疲れたら右手に交代。これを繰り返す。両手が使えると便利だよ。


画像

短辺のカットは平ヤスリに加えバリ取りナイフも使った。

1枚をカットするのに1時間、2枚あるので2時間もかかった。終わったらもう山場を越えたという感じ。

後は丸穴だけだから普通のドリルとステップドリルで穴開けを行う。削りかすが大量に出るので掃除機を使って何度も吸い取った。


画像

こんな感じにできた。もうしばらくこんな作業をやりたくない。

もっとも裏蓋の作成にこんな手間をかけるなんて自分以外にはまずいないだろうな。裏蓋の作成でブログの一記事を使ってしまうなんて拙ブログ以外に見たことがないし。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

grigri
2015年12月13日 15:37
 短辺を2mm、長辺を4mm短くして、裏蓋の小口が見えないように工夫されているのですね、細かい配慮が完成度を高めますね。
 私はハンズで材料購入と同時に断裁を依頼しています。
おんにょ
2015年12月13日 18:26
grigriさんこんばんは。
なぜこんな面倒な加工をするのかというとですね、リスニングポジションからは少し見上げる形になるので裏蓋が見えてしまうんです。でも今回の場合、フロントパネルを取り付けるので正面からは見えないようにできます。でも斜めから見たら見えてしまうと思って結局カットすることにしました。

この記事へのトラックバック