シングルOPTのインダクタンス・インピーダンス測定治具の製作・その3

測定治具の製作・その2でOPTの2次側に負荷を接続する場合、信号源インピーダンスもマッチングを取らないといけない。そこでインピーダンスを切り替える改造をすることにした。


画像

回路図を上記に示す。SW3がロータリースイッチで1KΩ・5KΩ・7KΩを切り替える。ボリュームでも問題ないが、いちいち抵抗値を測る必要があるから面倒くさい。

1KΩは2次側オープン、5KΩと7KΩは2次側に負荷を接続した時に使用する。3.5KΩとかもあれば良いんだけど割り切った。


画像

ジャンク箱をゴソゴソしたら4回路3接点のロータリースイッチが見つかったのでこれを使う。


画像

ロータリースイッチと抵抗を組み込んだところ。


画像

表から見るとこんなふうになっている。スイッチが増えたので測定時には注意しなければならない。

本当は信号源(オシレータ)のインピーダンス600Ωを直列加算する必要があるんだけど、測定値に大きな変化は無いだろうと思う。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック