KA-5070Sの5KΩでの諸特性

SV811-10AシングルアンプはKA-5070Sを5KΩ:8Ωで使用している。そこで5KΩでのインダクタンスやインピーダンス特性を先日完成したシングルOPT測定治具を使って測定してみた。7KΩでの測定データはこちら


画像

測定のようす。SV811-10Aのプレート電流に倣い、DC重畳電流を60mAとした。


画像

まずはじめにインダクタンスから。50Hzでのインダクタンスは18.9H。ちなみに7KΩでのインダクタンスは28.4H(DC重畳50mA)。


画像

2次側オープンでのインピーダンス特性。


画像

KA-5070Sの2次側8Ωに負荷8Ωを接続した時のインピーダンス特性。平坦部でのインピーダンスは5.1KΩとなった。


画像

5KΩと7KΩの比較のためgifアニメを作ってみた。低域のインピーダンス低下は、7KΩの場合で相似形となっている。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック