DCを重畳したOPTの測定・東栄のT-1200

東栄変成器のT-1200でDCを重畳した特性の測定をしてみることにした。


画像

T-1200は1次0-3K-5K-7KΩ、2次0-4-8Ωとなっている。出力は2.5W、インダクタンスは未発表だが20Hあるらしい。イチカワトランスのITS-2.5Wと中身が同じとすれば、1次許容DC電流は40mAということになる。重量は400g。

特性の測定は0-7KΩ:0-8Ωで行った。測定回路は前回KA-5070Sで行ったものと同じ。但し重畳DC電流は30.6mAとした。


画像

2次オープンでのインピーダンス特性を上記に示す。KA-5070Sと打って変わって頂上がなだらかなお椀型になった。ピークがはっきりしない。DC重畳では全般的に低めとなった。


画像

10Hz~2KHzでのインダクタンスを上記に示す。50HzにおけるDC重畳でのインダクタンスは17Hとなった。但しこれは電流値を振っていないので、もっと少なくしたらインダクタンスが増える可能性がある。


画像

T-1200の0-8Ω間に8Ωの抵抗を接続し、インピーダンス特性を測定してみた。結果は40KHz付近にピークが現れた。これは信号源インピーダンスが高いためだと思う。KA-5070Sではなぜピークが現れなかったのかわからない。400HzにおけるDC重畳でのインピーダンスは6.2KΩで少し低め。

コアサイズを無視すればKA-5070SもT-1200も1次7KΩのOPTだけど、特性を調べるとまるで違うという結果になった。

ま、とりあえずご参考、ということで。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2018年03月11日 00:29
6AH4GTでMiniWatterを予定していますが、Ip=27mA程度流しても使えそうですね。
おんにょ
2018年03月11日 18:59
klmnjiさんこんばんは。
T-1200と中身が同じと思われるイチカワトランスのITS-2.5Wは1次許容DC電流が40mAとなっていますので同様と思われます。ですので27mAならOKでしょう。

この記事へのトラックバック