6CH6/CV4055シングルアンプ・試作機を解体

試作機を解体した。試すことが無くなったし、音質的にも十分だと思ったから。そろそろ本番機の製作に移ろう。

本番機ではシャーシ・裏蓋・電源トランスの上下カバー・ブロック電解コンデンサの固定バンドを塗装する。塗装は外で行うから、このところの天候不順でいつできるかわからなかった。雨が上がったとしても下が濡れていたり湿度が高ければダメだし、風が強くても不可。


画像

解体はなるべく試作機を再現できるように考えた。線材の長さもわかるはず。外した端子やCRのハンダを取り除き、アルコールで拭いた。OPTの左右チャンネルもわかるようにしたので、本番機で特性が逆になることはないはず。

電源トランスは試作機を製作した当初、ボルトが全然締まってなくて通電したらビーッと鳴ったので増し締めした。だからボルトが短いなと思ったんだ。工場出荷時でもそんなことがあるんだね。


画像

回路は+B調整用半固定抵抗を普通の抵抗に変えた(R19)。外して抵抗値を測ったら57KΩだったので、一番近い56KΩとした。

塗装に関しては下準備が整えば丸一日で完了予定。天気が良く風が強くなければ決行する。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック