6CH6/CV4055シングルアンプ・本番機の特性測定

完成した本番機の特性を測定した。試作機と回路が同じなので、特性の再現性があるかどうかが判断基準となる。


画像

まずはじめに諸特性から。試作機とは測定誤差程度。Lchの残留ノイズがいくぶん多めなのはGND配線の引き回しが微妙に変わったせいだろうか。


画像

周波数特性。試作機とほぼ同じ特性。低域寄りの特性だが、小音量ではバスブーストがかかったように気持ち良い。


画像

クロストーク特性。20Hz~20KHzでは-56dBという結果になった。数KHzからだんだん悪化しているのは初段の6N2Pに左右ユニットが入っているためで、内部シールドでは防ぎきれていないということか。初段管を左右別々にすれば解決すると思う。


画像

Lchの歪率特性。試作機に比べて1KHz・10KHzの5%歪みでの出力が2.6Wから2.8Wへ微妙に増えた。おそらく半固定抵抗を普通の抵抗に換えたため+B電圧が数V上がったんだと思う。


画像

Rchの歪率特性。こちらも1KHz・10KHzの5%歪みでの出力が2.6Wから2.7Wへ微妙に増えた。

特性測定結果は試作機とほぼ同じとなったので問題無しと判断。


画像

塗装したので見栄えがするようになった。自己満足の世界だけど。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック