6CH6/CV4055シングルアンプ・歪率特性

画像

前回の拙記事で歪率特性の110Hzカーブが他の周波数とずれているので、別のOPTを使ったらどうなのか確かめてみることにした。


画像

これは春日無線変圧器のKA-5070Sで先月のセール中に買ったもの。1次0-5K-7K、2次0-1-4-8-16Ωで出力は20W。


画像

KA-5070SとCV4055シングルアンプを並べて撮影。でかっ!


画像

CV4055シングルアンプについているOPT、OUT-54B57の代わりにKA-5070Sを接続して周波数特性を調べた。85KHzのピークはUL接続によると思われる。


画像

0dB=2.83V 8Ωでの各出力における周波数特性。低域の盛り上がりは1W出ていても現れている。


画像

歪率特性。110Hzのカーブが10KHzと重なっている。


画像

これはOUT-54B57での周波数歪率特性で、1KHzから低くなるにつれて悪化していることがわかる。


画像

KA-5070Sの周波数歪率特性。低い周波数でも歪率があまり悪化していない。

どうやら100Hzの歪率カーブが悪いのはOPTのコアサイズに起因しているようだ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック