3B7パラシングルアンプ・クロストーク解析

クロストーク特性があまり良くないということで、すこしあがいてみることにした。

思いつくクロストークの原因としては、①+B電源のインピーダンスによってクロストークが生じるのではないか、②初段+B1電源を左右チャンネルで分けていないため、グリッド電流によって他チャンネルが影響を受けるのではないか、③3B7のカソード抵抗が低めのためにGND経由でクロストークが発生するのではないか、の3点を考えた。

画像

現状のクロストーク特性。100Hz以下での上昇、100Hz~5KHzでのクロストークが良くない。私が製作する真空管アンプでは、大体において100Hz~5KHzは残留ノイズにマスクされているのが普通。


画像

実験した回路を上記に示す。
① +B出力のC6を増量。
② Trの簡易定電圧電源をやめてツェナーによる定電圧とし、左右チャンネルを分離。
③ 抵抗680Ωの代わりに定電流回路とした。


画像

① C6の10uFと並列に47uFを入れた時のL→Rクロストーク特性を比較。おおむね500Hzより高い周波数で特性の改善が見られる。


画像

② 初段電源の左右チャンネルを分離。数KHzより下で特性の改善が見られるものの、効果はわずかでコンディションの違いで埋もれてしまう程度。


画像

③ カソード定電流回路。数10Hzから下で改善が見られ、特性の悪化が無くなった。

結論としては、① C6の増量は効果が認められるので導入しても良いと思う。② 殆ど差が見られないことから今回は見送り。③ これには好みの差があり、定電流回路が好きな人は入れても良いと思う。

カソード定電流で試聴してみたところ、低音が締まる感じで私が聴いている出力100mW程度では量感が減る印象。正しい低音が出ているのだろうがスケール感が後退するようでボリュームを上げたくなる。


画像

最終的に①案の採用のみとなり、クロストーク特性は上記のグラフになった。20Hz~20KHzでは低域がリミットして-57dB以上に留まっている。

結局決定打は見い出せず、あがいたわりには殆ど改善されなかったような…。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック