3B7パラシングルアンプ・特性測定

左右両チャンネルのバラックを作成したので、いつものように特性を調べてみた。


画像

3B7の利得にバラツキが多く、近いのを2本選んで測定。NFB量がちがうのにDFが一緒なのは不思議。残留ノイズはフィラメント回路のDC-DCノイズが取れずに高い数値を示しているが、高周波が主体なので殆ど聞き取れない。


画像

周波数特性。左右チャンネルでほぼ一致するのは気持ちが良い。NFB量が違うはずなのに高域の減衰カーブが一緒なのはなぜ?


画像

Lchの歪率特性。+BのDC-DCにLCフィルタを入れたために小出力での歪率悪化が見られなくなった。フィラメント回路のDC-DCノイズは高周波(350KHz)のためオーディオアナライザVP-7721A(最高150KHz)では検知できない。


画像

Rchの歪率特性。妙にうねったカーブとなっていて歪率が高め。直線的に増加していれば2次歪み主体といえるが、このケースではわからない。

小音量で試聴している限りにおいては音に関する不満は感じない。駄耳だから特に変なところがない限りわからないせいもある。

ときどき3B7のカソード電圧を測っているが、現在は16.8Vと16.3V。すこし下がってはいるが安定しているようだ。

試作機を作るのなら+Bとフィラメント電源を電源トランスにしようと考えている。フィラメント電源はレギュレータにしたい。そうなるとトランスに独立した2巻線が必要となる。+B用の巻線は0-150V 100mAくらい。

でも電源トランスの特注は避けたい。そうなると東栄変成器のPT-10くらいしかない。これには0-6.3V 1Aの巻線が2つある。+B用は160V-0V-160V 100mAで容量も電圧も高め。でも3B7以外のタマで使い回しをする場合には都合が良いかもしれない。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

marugo
2015年06月17日 01:40
アジサイ、いろいろな色があって綺麗ですね。
私もこんな写真が撮りたいものです。
おんにょ
2015年06月17日 18:30
marugoさんこんにちは。
東京地方の公園ですと、どこかしらにアジサイが植わってるものです。背景を写し込まないように、あるいはボカシ気味にすればそれなりの写真が撮れます。

この記事へのトラックバック