4P1Lプッシュプルアンプ・動作確認と特性測定

配線チェックは基板が動作していたのでOKとして、基板及びロクタルソケットへの配線を中心に実施した。

大丈夫そうなので真空管を挿さずに電源投入し、電源系の電圧が正常に出ることを確認。続いて真空管を挿して電源投入、4P1Lのカソード電圧をチェックして正常な電圧になっていることを確認。


画像

各部の実測した電圧を赤字で示す。初段系の電圧が設計値と微妙に異なるのは、初段系の電流によってかなり電圧が変化してしまうから。回路図の182Vのところをツェナーで安定化すると設計どおりになると思う。やってもいいけど特性的に何か変わるだろうか?


画像

続いて諸特性の測定。試作機とほぼ同じ特性が得られた。配線の引き回しが試作機と同等なので、残留ノイズの値も大体一致した。問題なし。


画像

周波数特性。試作機とOPTが左右逆になったが、特性差は殆ど無い。


画像

クロストーク特性。20Hz~20KHzで-78dBを確保。


画像

Lchの歪率特性。各周波数で値が揃っている。5%歪みでの出力は7.5W。


画像

Rchの歪率特性。こちらも各周波数で値が揃っている。5%歪みでの出力はやはり7.5W。

特性上は問題無いことが確認できた。


画像

次回予告?

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック