4P1Lプッシュプルアンプ・壊れた!

それは残留ノイズの確認をしようとしている時だった。ロングピンソケットをピンセットで差し込んでいる時に、誤って+BをGNDとショートさせてしまった。

パチン!という鋭い音がして、すべてが終わった。ロッカースイッチのネオンランプが点いていない。ヒューズが飛んだようだ。

ヒューズの溶断で回路が守られたかな、といういちるの思いで交換する。電源を入れると、ちゃんと動いているっぽい。ちなみに良い子はマネをしないように。

ところが+B電圧を測ったら315Vくらい出ている。あわてて電源を落とす。


画像

+Bの電源回路を上記に示す。壊すことはなかろうと保護回路を入れていない。M1(2SK3566)のドレイン~ソース間の抵抗を測ったら0Ω。ショートしてしまっている。過電流でオープンになるんじゃなくて、ショートするんだ。

電源回路の全てのダイオードをDMMでVTチェック。ちゃんと電圧が出るので壊れていないようだ。ツェナーダイオードも同様に確認。Q3(2SC3790)もチェックしたが周辺回路のせいでよくわからなかった。

M1を手持ちのと交換。これを壊したら予備が無くなってしまう。再び電源を入れて+B電圧を監視する。だんだん上昇して260V弱で止まった。いかん、Q3がやっぱり壊れている。

Q3のエミッタとベース電圧を確認する。同じ電圧が出ている。Q3も逝ってしまっていた。Q3を交換。これでもう大丈夫じゃないかなあ?

電源を入れると+B電圧は次第に上昇して270V程度になった。電源回路の各部の電圧を確認、問題なし。そのまましばらく待って、VR2で+B電圧を273Vに調整する。

測定器を接続してアンプの動作を確認、問題なし。これにてトラブルシューティング完了。


画像

壊れたFETとトランジスタ、溶断したヒューズ。ヒューズの飛び方から、かなり電流が流れたことがわかる。

で、冒頭の残留ノイズ解析の内容をすこしだけ。
画像

上記画像は当初のGND配線。アンプ部基板のGNDを下側からアース母線へ接続している。シールド線のFETゲート側はGNDに接続していない。いちおうGNDループにはなっていないのだが…。


画像

変更後のGND配線。アンプ部基板のGNDを上側からGND母線へ接続しなおした。これで残留ノイズの値が半減した。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2015年04月28日 22:07
あらら
大変でしたね
私はこれからEL32シングルの動作確認です。
真空管なしでの各電圧は正常でした。
気を引き締めてぐわんばります。
おんにょ
2015年04月28日 22:25
klmnjiさんこんばんは。
電源スイッチをオン状態にし、離れたところからACプラグを差し込むのが安全だと思います(爆)。
klmnji
2015年04月29日 08:17
EL32無帰還での動作確認終了
オープンループゲイン約8倍でほぼ設計通り
ヒータ電圧が6.5V(AC)とやや高め
0.2+0.2=0.4Aで0.2Vだから0.47 or 0.39Ωを買ってきて直列に入れてみようかと思います
おんにょ
2015年04月29日 09:36
klmnjiさんおはようございます。
+3.2%ですから許容範囲と思います。出力管で規定電圧より低いのは良くないです。
klmnji
2015年04月29日 11:19
おんにょさん、おはようございます
変更なしにします
これからNFBをかけて動作確認です
ありがとうございます

この記事へのトラックバック