3A5トリプルプッシュプルアンプ・仮組立

シャーシの穴開けが完了したのでパーツを取り付けてみた。


画像

正面から。やはり真空管の背が低くて相対的にシャーシの厚みが強調される。


画像

斜め上から見ると、やはりトランスケースの高さが目立つ。まあ仕方ないけど。


画像

再び斜めから。この角度が一番見栄えのするような。


画像

シャーシ内部。バナナジャックと電源基板が干渉してしまうので平ラグだけを取り付けてある。電源基板とアンプ部基板を5~10mmくらい前に出せば避けられたと思うが後の祭り。


画像

電源基板は100KΩの半固定抵抗が干渉するので90KΩの固定抵抗へ決め打ち。+B電圧が設計より上下したら抵抗を取り付け直して値を変更するつもり。


画像

2SC4793がバナナジャックと干渉するので、基板下に取り付け直した。


画像

再びシャーシ内部。これでパーツの干渉は無くなった。やっぱりこういうのはCADじゃなくて実際にパーツを並べて配置を決めたほうが良いね。


画像

電源基板とバナナジャックのクローズアップ。立体交差して干渉を避けている。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック