3A5トリプルプッシュプルアンプ・配線完了

3A5トリプルプッシュプルアンプの配線の続きをやる。


画像

電源回路の平ラグを取り付けようとしたら、LED回路の立ラグと平ラグが干渉する。


画像

立ラグの取り回し変更で回避。

電源基板の立ラグに配線を取り付ける。かなり手こずったが完了。テスト結果は+Bが150V、+B1が32.9V、-Cが150mVだった。たぶん正常に動いていそう。


画像

後はアンプ部基板への配線とRCA入力の配線を残すだけ。


画像

配線が完了したシャーシ内部。右チャンネルのRCA入力は短いのでシールド線を使用していない。3A5のカソード抵抗もアンプ部基板上に乗せた。


画像

反対側から見る。立ラグ基板はメンテナンス性最悪、スペーサーのネジを外しても配線が邪魔をして引き出せない。テスト中にショートさせて壊したらまずい。

平ラグ基板の動作チェック、アンプ部基板の単体チェックは済んでいるので、簡単な接続チェックの後に3A5を挿して電源投入する。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック