3A5トリプルプッシュプルアンプ・特性測定

バラック状態で3A5トリプルプッシュプルアンプの特性を調べてみた。


画像

周波数特性は3A5のユニット3並列にもかかわらず、高域が伸びている。利得はNFBをかけない状態で20.6倍となった。

DFは1.3と低いのでNFBをかける必要がある。残留ノイズは+B電源とフィラメント電源にそれぞれDC-DCを使用しているため、どちらが支配的なのか判断できない。


画像

出力1Vにおける周波数特性。KA-8-54P2は高域特性が優秀で、500KHzまで凸凹は見られない。方形波観測しても綺麗。-3dB点は85KHz。


画像

歪率特性。小出力でうねりが見られるが何だろう? 各周波数で歪率が良く揃っている。5%歪みにおける出力は0.8Wだった。

周波数特性は優秀なので、DFを上げるのに必要な最小限のNFB量で大丈夫と思う。出力は1Wに届きそうだから、1Wを目標にしよう。
画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック