SG-205シングルアンプ・改造その2

配線チェックは改造個所を重点的に行なった。電源オン後にはSG-205のカソード電圧と+B電圧をすばやくチェック。続いて各部の電圧を測定して問題ないことを確認。


画像

回路図を再掲。SG-205をA2級動作のためIpを増やし、グリッドバイアスを浅くしている。Eb=354V、Ip=37mAでPpは13.1Wとなり、最大定格である14Wの93.6%に収まっている。


画像

詳細な特性を測定した。周波数特性はより広帯域に、出力は1.6Wが2.7Wに、利得は微増。残留ノイズはわずかに増えた。消費電力は46Wから54Wに増えたが、ほとんどがSG-205のIp増加分によるもの。


画像

周波数特性。


画像

改造前後の周波数特性を比較。高域と低域のレベルが上がっている。


画像

クロストーク特性。+B1を左右チャンネルで共用としたが、心配したクロストークの悪化は無いようだ。


画像

Lchの歪率特性。オーディオアナライザVP-7721Aで測定。歪率5%の出力は100Hzがリミットして2.7Wだが、1KHz・10KHzに関しては3.1W出ている。


画像

改造前後の1KHzにおける歪率特性。WaveGene+WaveSpectraで測定。SG-205の動作点変更でカーブの形が変わったが、A2級となる1W以上で差がでている。改造前はクリップで折れ曲がっているが、改造後はそのまま伸びている。


画像

Rchの歪率特性。歪率5%の出力はLchと同様2.7Wだが、1KHz・10KHzに関しては3.1W出ている。

エミッタフォロア追加による出力アップは、古典球であるSG-205のような、グリッド電圧がプラスで使えるタマではかなり有効ということがわかった。

試聴してみても周波数特性の広帯域化とスケール感のアップは顕著で、元々小出力であるシングルアンプには相性が良いと思う。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2015年01月04日 23:06
実は5687のA2級化に気をよくして、6N6P平衡差動もA2級化しました。
カスコードにしていないノーマル版で高域が早く落ちるのが難したが、帯域が広がり音にも伸びが出てきました。
エミッタフォロワ、癖になりそうです。
おんにょ
2015年01月04日 23:34
klmnjiさんこんばんは。
グリッド電流を三極管の1ユニットあたり1mA程度で見積もれば、小規模の回路変更で済みます。音の変化はかなりあるので、気に入ればお薦めです。

この記事へのトラックバック