71AシングルアンプのA2級化・その2

今回は実際の改造と初期評価。


画像

アンプ部の平ラグ基板を取り外したところ。気づいたのが、このアンプを製作していた2011年に比べ線材がだんだん細くなってきていること。この頃はAWG20をふんだんに使っていたが、最近はAWG24が多い。AWG22でも太いと感じるくらい。電流が少ないところはUL1007のAWG24でOKなんだよね。一番流れるフィラメント配線でも0.25Aだから。

立ラグを止めるためのネジがOPTと共締めになっており、トランスカバーを外さないとネジが緩められなかった。M4のネジだと立ラグの穴が入らないので、ヤスリで広げた。


画像

6Pの平ラグにパーツを取り付けたアンプ部基板。裏にコバンザメのようにひっついている抵抗は、リードをエンパイアチューブで保護しておいたほうが良かったかな、というところ。


画像

RSコンポーネンツから届いた180V5Wのツェナーダイオード、1N5386BRLG。最低発注個数が50個となっていたから仕方がない。1本15円なんだけど。


画像

改造が完了したシャーシ内部。破綻なく収まった。今回は改造個所を極力少なくしたので、そんなに時間がかかっていない。


画像

配線チェック後に電源投入。この時は真空管を挿さないでおく。71Aのグリッド電圧が71.6Vとなるように初段のVR1を調整。これを怠って71Aを挿して電源投入すると、いきなりドカンと71Aに電流が流れて劣化させてしまう恐れがある。本家の71Aシングルミニワッターにはこの注意点が書かれていないようので強調しておく。

電源をオフにして+Bのコンデンサに溜まった電荷を放電させる。71Aを挿して再び電源オン。カソード電圧をチェック。おそらく111Vより低いはず。真空管を挿さないと+Bが高くなり、ツェナーの電流が増えて+B1が上昇、グリッド電圧が設計より高くなるため。高めで71.6Vに調整されているので+Bが下がったときに+B1も下がるわけ。従ってカソード電圧も低くなる。

グリッド電圧よりもカソード電圧のほうを優先させる。バイアスが浅い71Aの場合、Ipが流れすぎてしまうため。

回路の電圧は先に示した回路図のようになった。+B電圧はAC100V換算で284VとなったのでR8は39KΩのままとした。

オシロで波形チェック。サイン波の上のほうが先にクリップする。Ipを増やせばクリップは改善されるが、71Aがかわいそうなので増やさないでおく。

クリップ前の出力は1KHzで0.8Wくらい。100Hzのほうが波形がクリップするのが早い。やはりA2級化しても低域では出力が伸びない。

裸利得は両チャンネルともに26倍くらい。これならNFBをかけても利得は十分。

次回はNFBをかけることと、詳細な特性測定を予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

klmnji
2015年01月30日 21:55
klmnji
2015年01月30日 22:04
連続で済みません。
180Vツェナーから185Vのはどの位ありましたか?
±5%なので結構あると思って10個の注文にしました。
まあ180Vでも大丈夫なんですが、設計値は185Vなので選別して使う予定です。
おんにょ
2015年01月30日 22:32
klmnjiさんこんばんは。
1N5386Bは180円の差で10本か50本かの違いですね。電圧は2本のみの無選別ですが186Vと184Vでした。数時間稼働させた時の電圧です。個々のバラツキはもとより電流と温度でかなり変わるようです。

この記事へのトラックバック