真空管式AMトランスミッター

こっちの拙ブログでちょこっと書いたけど、真空管式AMトランスミッターを作りたいと思っている。マイクでAM放送をするわけじゃなくて(笑)、PCでネットラジオをトランスミッターに出力して手持ちの真空管式ラジオを鳴らそうという魂胆。


画像

これは以前ヤフオクで落札したジャンクの真空管ラジオで、型番を調べてみたらナショナルDX-370らしいことがわかった。プラスチックのキャビネットが崩壊したか何かでシャーシしか残らなかったようだ。

回路図はコレ。電源トランスが単巻なので流用不可。6BD6と6BE6は使えるとしてOSCコイルを流用しようと思う。


画像

周波数の調節にはミゼットバリコンを使う。AMラジオの周波数帯域全部をカバーする必要はないので、バリコンと並列にコンデンサをつないで発振周波数を調節する。


画像

高周波チョークはシオヤ無線で入手済み。2.5mH 200mA。


画像

電源トランスはヤフオクでこんなのを落札してある。0-175V 30mA、0-6.3V 1.8A、0-6.0V 0.3A。


画像

ラジオ・アイデア製作集より、上記のような回路図はどうかな?。整流管ではなくダイオードにする。

キーパーツが揃ってきたので、他のパーツを入手すればスタートできるだろう。でも6SN7全段差動アンプを製作中なので、いつになるのかは現地点では未定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック