EL32プッシュプルアンプ・定電流回路と抵抗のみの比較

結局また差動プッシュプルに戻したEL32プッシュプルアンプなのだが、定電流回路と抵抗で構成した回路を比較してみた。


画像

回路図を上記に示す。左が定電流回路によるもので1管あたり26mA流している。右は抵抗のみで1管あたり18.8mA流している。ともに0.01uFのフィルムコンデンサでカソードをバイパスしている。


画像

2つの回路をロードラインで示す。赤が定電流回路で赤丸印が動作点。青は抵抗のみの場合で、DEPPの動作点を変えずに差動プッシュプルにしているため、動作点が右下に偏っている。


画像

定電流回路での歪率特性を上記に示す。差動プッシュプル特有の弓なりカーブを描いている。


画像

抵抗のみでの歪率特性を上記に示す。すこしカーブが直線的になっているのがわかる。


画像

それぞれの歪率特性の違いをgifアニメにしてみた。これは動作点の違い、特にEL32に流す電流値の違いでカーブが異なってくると思われる。

5%歪みでの出力は定電流回路が2.6W、抵抗のみが2.7Wとなった。最大出力に関しては、動作点がずれていたほうがなぜか出力はわずかながら増えた。

抵抗560Ωの値を低くして1管あたり26mA流れるようにすればカーブが弓なりになるものと思われる。それはロードラインでの動作点の最適化を図ることでもある。

ただし流す電流を増やせば当然消費電力も増えるし、最大出力は増えないといってよく、抵抗値を低くするのはあまり意味がないだろう。

画像

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2014年04月26日 21:59
実は、私もMullard CV1052(EL32)をオークションで4本ほど手に入れました。(秋葉では高いものしか残っていませんでした)
来年あたり、ぺるけさんのMiniWatter式でシングルをと妄想しています。
今、ヤフオクで50本まとめて出ています。安く購入して皆で競作なんて言うのも面白いかもしれませんね。
おんにょ
2014年04月26日 22:27
klmnjiさんこんばんは。
サンエイ電機にカナディアンマルコーニのが1本1,000円くらいで残っていませんか?
今回の記事で書きかけて削除しちゃったんですが、EL32のヒーターは6.3V0.2Aで電圧増幅管よりも少ないくらいです。きっと音が良くて省エネなミニワッターができると思います。
klmnji
2014年04月26日 22:44
サンエイ電機さんにも確認しましたが残念でした。
おんにょ
2014年04月26日 22:50
ありゃまー大分在庫があったはずなんですが売り切れちゃったんですね。

この記事へのトラックバック