バンブーオーナメント・スピーカー特別企画

画像

今日の東京地方は大雪警報が出ていて、ここ江東区でも明け方から雪が降り続いている。天気が悪いとやっぱり怪我したところが痛いね!仕方なくロキソニンのお世話になっている。


画像

某掲示板にバンブーオーナメント・スピーカーの話題が出ていたので特別企画を組んでみた(笑)。

エンクロージャーはニトリのバンブーオーナメントを使い、底に穴を開けてスピーカーユニットを組み込んだもの。1個790円。色が塗ってあるから塗装の必要がない。

オーナメントの底面をリスニングポイントに向けて使うと、正面からは球形スピーカーみたいにしか見えない。

SP台にはセリアの「デコレーションテープ収納ラック」を使った。1個105円。オーナメントの当たる面にざぐりを入れて転がらないようにしている。

バンブーオーナメントの加工方法はこちら。道具はゴムハンマー・ニッパー・半丸ヤスリ・ドライバーくらい。加工に要するのは数時間。

リアバスレフにしているのでポートが必要で、RITのBP35Jを使用している。オーナメントの口にウエスを巻いて突っ込むだけ。なお吸音材は未使用。

スピーカーユニットは、大体8~9cmのものが適合する。初代はVifa TC9FD-18-08を使った。安価でコストパフォーマンス最高。

現用しているのはTangBand W3-881SIだが、現在は売られていない。1本980円だったのに残念だ。値段は倍以上になるが、TangBand W3-881SJが良さそう。

W3-881SIのバンブーオーナメント・スピーカーは軽すぎて、スピーカーコードに引っ張られて落っこちてしまうので、両面テープで固定している。これでつついても大丈夫(笑)。


画像

低域はだら下がりなので、バスブーストで持ち上げてやると小音量でも満足できる低音が得られる。バッフルステップ(バッフル面積の小さいスピーカーで数KHzより上が数dB持ち上がる現象)があるが、高域がおとなしいユニットなら気にならない。

低音に関しては、かんすぴ(8cmのほう)と比べると圧勝。本当だよ!

なにしろ置き台込みで1本3,000円~5,000円の予算しかかからないし、パフォーマンスは良いし、作るのも簡単なので自作スピーカーとしては抜群だ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック