5A6プッシュプルアンプ・シャーシ加工 その1

5A6プッシュプルアンプの進捗。
電源スイッチの干渉を避けた電源基板の作成、なんてことを考えていたら面倒になってしまった。

電源スイッチを後部へ移動すれば干渉は避けられる。パイロットランプ代わりにオレンジ色のLEDで真空管ソケットの下からライトアップしたらどうか、ということを思いついた。ちょうどフィラメント電源の5Vがあるし、明るさは直列に入れた抵抗で調節する。5A6はフィラメントが細くてお線香が目立たないので好都合だ。よし、これに決めた!


画像

というわけで、穴開け図は上記のようになった。ようやく本決まり。


画像

裏蓋の穴開け図も作った。シャーシの奥行きが160mmなのに対し、裏蓋は156mmと4mm短くなっている。これは裏蓋を取り付けた時に飛び出して見えるのを防ぐため。

奥澤で弁当箱シャーシ、O-46とアルミ板を買ってきた。アルミ板は1mm厚。1カット105円で指定寸法に切ってもらえる。

印刷した穴開け図をいつものようにシャーシに貼り付けてカッターと定規で罫書く。

一番大変な電源トランスの角穴からスタートすることにした。ドリルで穴を開け、ステップドリルで拡大する。その穴にコッピングソーの刃を入れ、ひたすらギーコギコ。4辺のカットが完了したら、平ヤスリでズーコズコ。ギャーッという音が出るのは何とかならないかしらん?

次の日にACインレットとロッカースイッチの角穴を開けた。ステップドリルで丸穴を開け、ヤスリで角穴に広げていった。手間と労力がかかって大変!

OPTとMT管ソケットの穴はシャーシパンチで開けた。切削油の代わりに洗剤を使うと後処理がラク。

ヒューズホルダーの穴径は15mm。シャーシパンチは16mmだから使えない。ステップドリルで12mm程度の穴を開け、ペンタイプのバリ取りナイフでひたすらグルグル回して15mmまで拡大。やればできるもんだなあ。


画像

ここまで開けたら疲労困憊。残りは後日にする。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック