5A6プッシュプルアンプ・アンプ部基板レイアウト検討

前回すこしだけ書いたけど、ユニバーサル基板に回路を載せようとしたらパーツが載り切らないことがわかった。


画像

回路図の赤枠で囲った部分が基板に組み込むところ。


画像

初期案。NFB回路のCRが載らない。


画像

フィラメント回路を上下に持ってきた。フィラメント回路の抵抗でトランジスタやFETが暖められてしまう。


画像

フィラメント回路の抵抗を基板裏に取り付けることにした。また、カソードCRの配置を変えた。


画像

配線図。ジャンパー線が3本ある。基板のランド面を走らせることは可能だが、高圧のパターンに接近してしまうので無理しないことにする。

このまま冷却期間を置き、パーツの配置が変わらないようだったら配線をスタートするつもり。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック