5A6 CSPPアンプ・DEPPへの改造 その3

前回の続き。5A6 DEPPアンプのKNF検討。


画像

これは以前、OPTをFE-25-8でKNFの検討を行ったもので、KNFは3.7dBとなった。求め方は那須好男氏の「必ずつくれる真空管アンプ製作集 Part2」の6BQ5プッシュプルアンプに載っている。6BQ5が5.23dBだから、5A6のようなgmが高くないタマではKNFも少なくなる。


画像

回路図は上記のようになった。OPTの巻き始めの"・"からKNFがちゃんとかかると思うけど、逆に利得が増えちゃったら逆さまにつなごうという魂胆。ややこしいことは昔から苦手で、いくら考えてもよくわからない。

KNFをかけるには上下の5A6フィラメント回路が独立である必要がある。普通のDEPPなら共通でいいんだけどね。だからステレオでフィラメント回路が4つ要る。

試しにRchのみKNFへの配線を変更してみた。結果はうまくかかったようだ。ところがオシロの波形を見ると、入力していないLchでも波形が出力されている?

RchはOPTの4Ω端子がGNDにつながっていて、Lchは0Ω端子がGNDのまま。2現象オシロのプローブでRchのSP端子のマイナス側をGNDにショートさせてしまったからわけのわからないことになった。

教訓:OPTの2次側を使用したKNFプッシュプルでは、SP端子のマイナス側はGNDではない。

実は原因がよくわからず、Lch側もKNFへの配線変更を済ませてしまったのであった。

RchでKNF有りでの利得は27.8倍(28.9dB)。KNF無しの利得は47.3倍(33.5dB)だったから、4.6dBのKNFがかかったことになる。予想の3.7dBに対してなぜ増えたのかはわからないが、行き当たりばったりだし結果オーライとする。

続いてオーバーオールNFBをかけてみる。Rnfb=2KΩで利得は13.9倍、NFB量は6dB。この時のDFは2.5だった。まあこんなもんかな。

次回へ続く。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック