6922全段差動DCDCミニワッター・一発OK~いきなり故障!

配線が終わり、チェックへ進む。基板ごとにチェックが済んでいたので、全部の配線がちゃんとつながっているか確認。

ACアダプタをつないで電源オン。
DCDC電源の出力電圧とFET用電源(29.7V)を確認。
真空管を挿して再び電源オン。
+B電圧、カソード電圧を確認。
各部の電圧を測って設計と極端な違いがないことを確認。
入力を指で触ってSP端子にAC電圧が出ることを確認。
裏蓋を閉めてオシロ・ミリボル・オシレータを接続。
オシロに正常な波形が出ることを確認。今回も一発OKだ。


画像

この段階でいきなり試聴してみた。
以前作った6922DEPPアンプと全段差動アンプの音色はずいぶん違う。差動のほうは繊細な音が出る感じ。でもエージングで変わってくるだろう。

続いて諸特性の測定。
6922DEPPアンプとあまり違いはなかった。
残留ノイズがLch0.7mV、Rch0.3mVとLchのほうが高い。
裏蓋を開けて電源部を離したらLch0.25mV、Rch0.28mVになった。
DCDC電源のノイズを受けてLchの残留ノイズが高くなっている。

数時間試聴した後、一旦電源をオフにしてからオンにしたらいきなり壊れた。音が出なくなり、ボリュームを上げると音楽のピークで小さくバリバリという音がする。

一体何が起きたんだろう!?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック