SG-205シングルアンプ・完成

ようやくSG-205シングルアンプが完成した。まだいじりたいところがあるのだが、今後気が向いた時にやるとしてひとまず完成としよう。

私にとって高価な直熱三極管はおいそれと買うことができない。だからSG-205は去年の自分自身への誕生日プレゼントとしたつもりだ。実際にアンプの形になるまで1年半かかった。


画像

シャーシはマットのコーヒーブラウンにしてみた。実際はくすんだ茶色という感じでもっと黒っぽいのにしたかった。


画像

この角度が一番映えるかな。裸電球アンプ。タマを沈めてOPTと同じくらいの高さにしたほうが良いかも。


画像

この角度になるとお線香が灯っているのが見える。


画像

上から見たところ。足が映っているのは見なかったことにしてね(笑)。


画像

後ろから。ブロックコンデンサのバンドを下付けにするとコンデンサが低くなってしまうからやってない。


画像

後ろから少し見上げる形で撮ってみた。このほうがシャーシの厚みが目立たない。


画像

斜め後ろから。


画像

角度を変えてもう1枚。


画像

シャーシ内部。入力のシールド線をカナレのL-3C2VSに換えてある。シールドが編組になっていてノイズに強いかなと思って。スイッチングアダプタを少し傾けたら残留ノイズが減った。やはりこれがノイズを発生しているらしい。


画像

裸電球をクローズアップ。あえてWE205Dに似せるんじゃなくて、ST管の形状だったらもっと良いと思うんだけどなあ?


画像

上からフィラメントを覗いたところ。


画像

暗くして長時間露光で撮ってみた。電子がガラス壁にぶつかって青く映っている。これは蛍光で、グローではない。

諸特性及び回路図はこちらを参照。たかだか1.6W+1.6Wのアンプだが、自宅で使う分には十分だ。


私より耳の良い?妻に試聴してもらった。言ったことを記す。
--------------------------------------------------------
いいね
音がまろやかだね
まろやかでしかも解像度が良いのでとても気持ちいい
バランスよくできてる
低い音はブンブンいわないからとてもいい感じ
声がバランス良く出ている、聴きやすかった
ボーカルが綺麗に出てる
雑味がないんだよね、だからいいのかも
--------------------------------------------------------

直熱管や傍熱管は妻にはわからないはずなのに、直熱管アンプの試聴で「雑味がない」なんて言い当ててしまう。しかも隣りの部屋で昨日はとんがった音がしたのに今は無い、などとのたまう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

関澤@池袋
2013年07月17日 19:16
 完成おめでとうございます。
 とても素晴らしいです。 奥様の感想を拝読させていただきますと、スッキリ系ですね。
 私のシステムは何時も「ブンブン」、「ボンボン」で、何時かは、おんにょさんが作られる様なアンプを作って見たいです。 佇まいも上品で、美しいです。
おんにょ
2013年07月17日 21:57
関澤@池袋さんこんばんは。
どうもありがとうございます。回路的に?な部分はありますが、直熱管の音を奏でているように思います。回路設計技術・製作技術・評価技術それぞれをレベルアップしていかないと気に入ったアンプは作れないでしょう。そういう意味ではまずやってみることをお薦めします。
klmnji
2013年07月18日 08:19
71Aと比較して、どんな感じですか?
ソフトン社で聞いた71Aはすごく良かったので。
おんにょ
2013年07月18日 18:01
klmnjiさんこんにちは。
こればっかりは難しいですね~好みの問題なので。ただ同じ回路方式を採用していますから似た傾向の音色だと思います。

この記事へのトラックバック