SG-205シングルアンプ・配線検討

もう梅雨明けしたみたいに良い天気が続くようになった。週末は東京の最高気温が33℃となっているけど本当かな?

SG-205シングルアンプはいま塗装したシャーシの乾燥中だ。もう組み立てても大丈夫だとは思うけど、その前に配線をどうするのか検討してみた。


画像

これはGND配線。拙71Aシングルアンプとほぼ同じ。GNDループは無いはず。SPターミナルのそばにGND母線を張って、ブロック電解コンデンサの足元をシャーシGNDとする。もっと入力に近いほうが良いと思うけど、適当な場所が見当たらない。


画像

AC100V配線。電源トランスを中央に置いたのと、ACアダプタを2個搭載するため中央部に配線が走り回っている。行きと帰りの配線は撚るつもり。


画像

SG-205のカソードCRレイアウトが左右で違うので書き出してみた。立ラグとフィラメント回路の平ラグ基板との干渉は、平ラグ基板の固定を左右共通にして距離を詰めることにした。

一応C4(100uF450V)のマイナス側は1.2KΩ5Wのリードとは直接つながないで熱対策をしてある。また、R6は計2620Ωとしたが、値の調整が必要となるかもしれない。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック