SG-205シングルアンプ・仮組み

さあシャーシが手に入ったのでガンガン行くよ! でも天気が悪いと塗装ができなくて停滞しちゃうかも…。


画像

シャーシにパーツを仮組みしてみた。特にパーツが干渉することなく組めるようだ。トランスケースよりタマのほうの背が高いから、加工依頼するのなら少々タマを沈めるべきだった。まあこれは今後の課題としてとっておこう。


画像

斜め上から撮ってみた。拙71Aシングルアンプに比べ、電源トランスが大きいのでバランスはこちらのほうが良いようである。


画像

この角度が一番サマになってるかなあ?


画像

後ろから。RCAジャックが左右逆になってるけど気にしないでね(笑)。


画像

ブロック電解コンデンサのバンドとトランスケースのクリアランスがぎりぎりだった。忘れやすいところだから注意しなくちゃ。


画像

OPTの向きをそろえたつもりだったのにどうしてこうなった? まあ左右を入れ替えてみて誘導ハムの小さいほうを採用しようと思う。あまり変わらないだろうけど。


画像

シャーシ内部。フィラメント回路の平ラグ基板と立ラグが干渉してしまう。左右基板の貼り付けボスを共用にすれば距離が詰められるだろう。

今後の予定はシャーシ塗装だ。何色にしようかな? DIY店に行って気に入った色のカラースプレーを買ってこよう。でも塗装できるのは天候次第だからどうかなあ?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック