DC-DC新バージョン!

Re Electronicsから新しいDC-DCモジュールが届いたので評価を始めたところだ。


画像

大きな変更はFETリプルフィルタを載せたことで、その他部品を選定し直したとのことである。これが正式に販売するバージョンとなるそうだ。特性的には出力電流の強化、効率向上、リプル低減などである。

サイズはW95mm×D45mm×H40mm。旧バージョンよりは大きくなっているが、十分小型だ。

画像

実験回路の回路図を上記に示す。EL34で定電流回路を組んでいることは前回と同様だが、出力電流が強化されたことでEL34の三結時の最大損失25Wを越えてしまうため、2本使って並列にすることで1管あたりの負荷を減らしている。

定電流回路1は11.4mA~125mAまで可変としている。R3の両端で電流を測定する。定電流回路2は52.1mA固定とし、SW1をオンすることにより電流を増やせるようにしてある。


画像

実験風景。いい加減ちゃんとした治具に組もうかなあ?


画像

24VのACアダプタを使用した時の出力電圧と電流をグラフに示す。大幅な電流強化となっている。ACアダプタの電圧降下と、電流を測るために入れた0.1ΩによりDC-DCモジュールの入力電圧が低下しているので、実力はもっと高いと思われる。


画像

ちなみに旧バージョンの特性を上記に示す。


画像

出力電流を50mAとした時の効率を上記の表に示す。おおむね67%~71%となっている。これはリプルフィルタの降圧分を含んでいるので、DC-DCそのものはもっと効率が高い。電流をもっと取り出したほうが効率は良くなるはず。


画像

DC-DC出力の残留ノイズを測定してみた。取り出す電流によって変化するが、リプルフィルタが追加されたことで10mV以内に収まっており十分低い。


新バージョンはシングルアンプはもちろんのこと、プッシュプルアンプも守備範囲に入るのではなかろうか。ミニワッターは十分カバーしているよね。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2013年02月15日 17:54
 上代は、如何程でしょうか?
80maですと、イチカワトランスの電源が視野に入ります。
 この電源の他にACアダプターが必要でね、スイッチングノイズの除去は、急峻なフィルターが必要で、フィルターの特性により大幅に音が変わるので、レガシーなトランスの方が、後々問題が生じないと思います。
おんにょ
2013年02月15日 18:20
kijinekoさんはじめまして。拙ブログをご覧頂きありがとうございます。
私はDC-DCモジュールの販売にはタッチしておりませんので、Re Electronicsに直接お尋ねになられるのが良いかと存じます。
私はフィルターで音が変わるかについてはいかんせん経験が不足しておりますのでわかりません。もし気にされるようでしたらトランス電源で組まれたほうが安心できると思います。
くりきんとん
2014年09月22日 19:12
おんにょ様 こんにちは。
先日、ご教示頂いたくりきんとんです。
注文して、物が届きました。
一つ分からない事があるのでご教示頂きたいのですが。
基板上のJP1は 短絡して使えば良いのでしょうか?
お手数ですがご教示頂けますと幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。
おんにょ
2014年09月22日 19:28
くりきんとんさんこんばんは。
JP1はそのままで良かったと思います。何の端子かはShop Re Electronics様にお聞きになったほうが良いと思います。なお、SHDN端子はGND端子につながないと出力が出ません。
クリキントン
2014年09月22日 20:19
どうもありがとうございます。
感謝致します。

この記事へのトラックバック