LXU-OT2・RCA出力にLPF、その2

LUXMAN・LXU-OT2のイタズラのさらに続き。


画像

RCA出力にLPFを入れたのはいいが、基板本体に300Ωの抵抗が入っていて(回路図のR5・R6)高域の減衰が大きくなってしまった。そこでこの抵抗をパスしてLPFにつないだ特性を調べてみた。


画像

LPFの回路は前回と同じ。


画像

始めにWaveSpectraによるループバック。ノイズ自体はあまり変化がないが、残留ノイズは0.12mV→0.22mVに増加。


画像

再び周波数特性。20KHzで-1.8dBとDAC出力にLPFを入れた場合と殆ど同じ。

試聴結果。じつは300Ωの抵抗が入った状態でも試聴しているんだけど、やはり高域の落ちが大きいともやがかかったようで、ゆったり聴くには良いが物足りない印象だった。300Ωをパスすると本来の音が出てくる感じ。ただOPアンプの音色が出ているのか、高音の荒さが時々のぞかせるみたい。

DAC付ラインアンプと比較試聴してみても、追いつくことはあっても容易に越えられない壁が存在しているようで、たとえOPアンプを交換したとしてもうーんどうだろうね?

アンプで増幅するのをやめて、AKI.DAC-U2704改+LPF+ライントランスを試したら音色の違いが出て面白いと思う。ただ、ライントランスを買う予算を確保しなければならないけれど。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひでじ
2013年01月13日 17:38
こんばんは!
なかなか、試行錯誤されていますね!
やっぱり、FET差動バッファーAmpいいですから、超えるのは大変でしょうね
おんにょ
2013年01月13日 17:50
ひでじさんこんにちは。
じつはLPFの代わりにラインフィルタも試してみたのですが、WaveSpectraで見る限りホワイトノイズは減少しますが残留ノイズは6mV位に増えてしまいました。

この記事へのトラックバック