LXU-OT2・クロストークと残留ノイズ

STEREO誌2013年1月号の付録、LUXMAN・LXU-OT2のイタズラのつづき。

Webをさまよっていたら、とあるブログにOPアンプの仮想GND(+6V)のパスコン容量が小さくて低域のクロストークが悪化すると書いてあった。私はOPアンプは無知でよくわからないのだが、コンデンサの増量で改善するなら試してみようか。


画像

これは昇圧DC-DCの回路図。C7を100uF(これは回路図の記載ミスで実装してあるのは100uF)から470uFに増量。なお、+12Vラインのブリーダー抵抗を1KΩから510Ωに変更してある。

基板にはTP4というのがあって+6Vと書かれている。これはおそらくヘッドホンアンプ部のOPアンプへの仮想GND(+6V)だと思われるが、プリントパターンを追えないのでよくわからない。TP3とTP4をDMMで測ったら10KΩあったので、直結しているわけではないのは確か。で、こちらにC6と書かれた100uFが実装されているのだが、いじらないことにした。


画像

これは改造前のクロストーク特性で、WaveGeneで0dB出力した時のもの。0dB=1.28V。20Hzで-40dBと確かに悪い。残留ノイズが2.6mVあるので、それ以上はノイズにマスクされて下がらない。


画像

これがC7を470uFに増量した時のクロストーク特性。20Hzで-51dBと、確かに改善された。


ここからは違う実験になる。以前DAC出力にLPFを組んだら残留ノイズがどれくらい減るか試したことがあった。結局基板におまけがつくのが嫌で実装していない。ふとRCA出力にLPFを入れたらどうか、ということを思いついた。なんで今まで考えなかったんだろうね?


画像

これがLPFの回路図。RCA出力につなぐだけだから、基板本体は無改造で済む。


画像

改造後の画像。基板本体にしっぽがついた。


画像

WaveSpectraでループバックの録音をしてみたのが上記の画像。1KHz,2KHz,3KHz…はPCのお漏らしなので無視してほしい。確かに全域に見えていたノイズが減っている。15KHzあたりに見えるピークはおそらく昇圧DC-DCのノイズと思われる。


画像

改造前→電源強化→LPF追加の順でgifアニメを作ってみた。

LPFを入れることで、改造前に2.6mVあった残留ノイズが0.12mVまで減少。このあたりまで減ると、ミリボルの針が下がらなくなる。LXU-OT2自体のノイズより周囲のノイズのほうが多くなるからだ。


画像

周波数特性を取ってみた。うーむ、20KHzで-6dBとは。LPFが低い周波数から効き過ぎているようだ。RCA出力での残留ノイズが減ったのはぬか喜びだったみたい。


画像

再びクロストーク特性。0dB=1.25V。残留ノイズが減ったので、本来のクロストークが浮かび上がってきた。まあ、今回はこんなところで妥協しよう。

LPFのCR値をいじれば、もっと周波数特性をフラットにできるはず。但し残留ノイズは増えるだろう。

(追記)
回路図を見たらRCA出力に300Ωが入っていた。これでは効き過ぎるはずだ。300Ωを飛ばしてLPFをつなげたらどうか。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

ひでじ
2013年01月13日 11:30
楽しんでいますね。
LPFの前に330Ωの抵抗が入っていたから高域があんなに減衰してしまったのですね。スルー後が楽しみです。
PS:AKI-DAC+LPF FETバッファーAmp出来ました。余りに魅力的な音にうっとりしてしまいました。
おんにょ
2013年01月13日 17:38
ひでじさんこんにちは。
今日(1/13)のブログ記事に300Ωをパスした時の特性を載せました。
OPアンプよりFET差動プリのほうが音的に有利な感じです。でも予算が取れたらトランスDACを試してみたいと思っていますが…。
ひでじ
2013年01月14日 21:54
そうですね。
とりあえずなら、春日無線さんのトランスが手に入るのですが、出来る事ならタムラのライントランスで作ってみたいですね。おおっと自分もAKI-DACだらけになりそうです。
おんにょ
2013年01月14日 22:30
ひでじさんこんばんは。
ぺるけさんのトランス式USB DACのページを見ると、一番下に追記で意味深なことが書かれています。1万円単位のお金をかけるなら、ちゃんと良いモノを使いたい。トランス式ですと1次と2次が絶縁されますのでPCのGNDノイズから逃れることができるんです。なお、アンバランスでも大丈夫かどうかは不明です。

この記事へのトラックバック