10EW7シングルアンプ・ちょこっと改造

一応完成した10EW7シングルアンプであったが、気になるところを少し改造してみた。

ずっと試聴していてもっと高音に透明感が欲しいと思った。そこで位相補正コンデンサに頼らない方法はないだろうか、というわけである。


画像

変更後の回路図を上記に示す。一番の変更点は初段カスコードの2SK30A-GRを2SK117-BLにしたこと。それに伴いNFB抵抗値を変えた。また、DC24Vラインにフィルムコンデンサを入れることで残留ノイズが減ることがわかったので追加。


画像

改造後の諸特性を示す。裸利得は46倍程度に増えた。こんなに増やすつもりはなかったんだけど。NFBを8.2dBかけて総合利得は18倍。残留ノイズは0.35mV~0.37mVまで減った。


画像

周波数特性。1KHzの方形波にヒゲが出るが、高域がなだらかに落ちていることがわかったので位相補正コンデンサを入れていない。だから-3dB点での高域は伸びて38KHz~41KHzとなった。


画像

クロストーク特性。相変わらず20Hz以下がヘンだけど、高域のクロストーク対策をしたのと残留ノイズが減ったおかげで20Hz~20KHzで-70dBを確保。


画像

Lchの歪率特性。1KHzだけを見るなら歪率5%で1.6W出ている。


画像

Rchの歪率特性。1KHzだけ低歪みになっている。歪率5%での1KHzの出力は1.6W。


画像

改造後のケース内部。といってもあまり変わっていない。右上に見える橙色のコンデンサが追加したC8。


画像

クロストーク対策をした入力のシールド線。Scotchの導電性テープを貼り付けてある。OPTはRchで、Lchの入力に漏れていた。

改造後に音色がどう変わったのかというと、女性ボーカルの声に透明感が出たかな、という感じ。声の艶という点では10EM7・DC-DCミニワッター1号機に及ばない。きっと真空管の好みの差ではないか?と駄耳の私は想像するのであった。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

eiki
2013年02月22日 22:08
10EW7シングルアンプ、小さくても大変魅力的なアンプに見えました。
この回路をお手本に小さくて可愛いアンプを創ろうと一ヶ月前から全ての部品を調達し、ラグへの配置や配線も考えいざ実装という段で、Re Electronics様より注文キャンセルのメールが来てショックを受けています。
待っていれば何とかなりそうでしょうか。情報をお持ちでしたらお教え下さい。
また、代替えがあれば紹介願えないでしょうか。
いつも質問やお願いですいません。
おんにょ
2013年02月23日 18:39
eikiさんこんにちは。
DC-DCですが、Re Electronicsに直接メールを送れば新バージョンを売ってもらえるようですので、再度連絡頂けないでしょうか?
eiki
2013年07月30日 22:36
Re Electronicsの件ではお世話になりました。
4月末に納品され、その後「ちょこっと改造」回路図を参考にさせて頂き製作を楽しんでします。
筐体やトランスケースは満足する出来映です。
しかし、以下2点の壁にぶつかっており、ここ1ヶ月くらい悩んでいます。
1.「ちょこっと改造」回路に新しいDC-DCを用いるとDC-DCが機能(起動?)しません。いまは2200μ2個とコイルを除いた回路としています。
新DC-DC対策はあるでしょうか。
2.私が作ったアンプでは聴くに耐えない音がします。籠ったような、エコーが掛かったような、また全開でも小さな音量です。ただし、回路時にある要所の電圧と比較してもあまり差はありませ。当方の問題である事は明らかですが、なにかチェックの項目等ご助言い頂ければ助かります。
いつも質問とお願いとで申し訳ありませんが宜しくお願いします。
おんにょ
2013年07月30日 23:20
eikiさんこんばんは。
ご質問の1ですが、ACアダプタの容量に余裕が無く、電源オン時に2200uFへの突入電流でACアダプタの保護回路が働いてしまっている可能性があります。この電解コンデンサとコイルはコモンモードフィルタでして、省いてしまってもノイズ等は耳に聞こえないと思います。

2に関しては左右チャンネルで同じ症状でしょうか? とりあえずR10のNFB抵抗を外してどうなるか確認してみて下さい。原因を初段か出力段か切り分けるために、10EW7のunit2のグリッド(②・③ピンです)を別のアンプに入力してどんな音がするのか聞くという方法もあります。
eiki
2013年08月01日 00:46
深夜にも関わらず、ありがとうございました。

1.DCDCが起動しない件
より高容量のスイッチング電源を調達して確認したところ、ご指摘の通りACアダプター(秋月電子1.9A)の能力不足でした。大きな電源では、オリジナル回路に戻しても問題無く作動しました。

2.作動不良に関するチェック
1)左右の差は殆どありません。
2)R10を外すと、明らかにざわざわ感は減少しますが、やはり異常です。
3)10EW7unit2のグリッドをEL32のトップに入力してみました。その結果、両者の音質に顕著な差はありません。また音量も同じ程度でした。

以上のチェックから、私の製作した回路は、初段からミスがあると考えられる訳ですね。
筐体から外して再度チェックと作動を確認を進めます。

原因究明のための更にコメント等あれば、お手すきの時にご教授下さい。
ありがとうございました。
おんにょ
2013年08月01日 07:24
eikiさんこんにちは。
原因解析お疲れさまです。
私が使ったACアダプタは24V2.92Aです。容量の差が影響していたわけですね。
ご質問の2ですが、これで原因はほぼ初段に絞られたわけですね。
私は2SK117のBLランクを使っています。始めに2SK117-BLを治具で選別、Id=1.5mAでVGSの近いペアを選びました。VGS=-0.3537Vと-0.3558Vの2つです。これは左右の利得を揃えるためです。
また、2SK117は正面から見て左からDGS、ちなみに2SK30Aは正面から見て左からSGDと逆になっています。
電圧が拙作とほぼ同じで音が変、となるとこの程度しか思いつかないのですが、いかがでしょうか?
eiki
2013年08月01日 07:57
ありがとうございました。
今日は休暇が取れていますので、心を落ち着かせて見直しをして見ます。
eiki
2013年08月02日 23:38
すいません、凡ミスでした。

昨日は、何としても不具合を解決しようと休暇を取り朝からチェックを始めました。
その結果、何とR3(470K)を0.47Kとしていました。当該抵抗を交換し、組み込み再配線後VR2で123Vの調整を行いボリュームを上げたところ、悪夢から覚めたような素晴らしい音が聞こえてきました。音調も十分です。
今回のグリッド差し替えに用いたEL32より低音域や解像度が良いようにすら思えます。
ともかくも、凡ミスに気付かずお騒がせしたこと、お詫びします。
今後は、2SK117-BLの選別等にも挑戦して見ようと思います。
ありがとうございました。
今後も、おんにょの真空管オーディオ、楽しみに拝見させて頂きます。
おんにょ
2013年08月02日 23:51
eikiさんこんばんは。
無事自己解決おめでとうございます!
グリッド抵抗でしたか。それなら各部の電圧が正常なのはわかります。
470KΩ(黄紫黄金)、470Ω(黄紫茶金)5%精度の抵抗なら黄色か茶色の違いということになります。
私は抵抗を組み込む前にカラーコードだけでなく実際にテスターで値を測っています。
なので、抵抗値間違いは記憶にありません。
eiki
2013年08月03日 00:32
 今DCDCやR7の温度を測りながらルンルンでビリー・ホリデイの古いJazzを聞いています。
 先ほど、解像度が高いと書きましたが、このアンプは、CDに入っている古い音楽のレコード針のノイズが他のアンプより鮮明に聞こえることに気付きました。いろいろな音楽を聴いて比較してみます。
 抵抗ミスの件ですが、私はカラーバンドを読めませんのでテスターを用いますが、私のテスターでは両抵抗は0.470KΩ、0.470MΩとうい表示になります。この辺がミスの原因と思いますが、今後は「指さし呼称」をするくらいの心構えで確認をしたいと思います。
おんにょ
2013年08月03日 18:13
eikiさんこんにちは。
しばらく聴き込んでいくと、他のアンプとの違いがわかってくると思います。
また、抵抗を購入した際に、1台のアンプ分をチャック付きの小袋に入れておけば間違いが少なくなると思います。
eiki
2013年08月11日 17:00
度々すいません。
10EW7素晴らしい音がしています。やはり細かな音が良く聞こえるように感じます。
さて、ACアダプター容量の件ですが、秋月の65W級2.7Aというものを使用しましたが、やはり作動しませんでした。紹介頂いた2.92Aを使えばと後悔しました。
結局、約1secだけ5W5Ωを介して24Vを入力し、その後抵抗をパスする回路で何とか起動する事がわかりました。起動後は24V1.1Aで作動しています。
今後は、ディップタイマ等で自動的に抵抗のON/OFFが出来ればと考えています。
10EW7、これで何とか完成という気持ちになり阿川泰子を楽しんでします。
細々とした事までいろいろとお教え頂き、ありがとうございました。
おんにょ
2013年08月11日 18:09
eikiさんこんにちは。
10EW7アンプの音色が気にって頂けたようで幸いです。
ACアダプタが起動しないのは冷間時ヒーターの低抵抗が原因ですので、ソフトスタート回路を組めば解決します。http://65124258.at.webry.info/201303/article_9.html
低オン抵抗のFETを使い、ゲートにCRの充電回路を接続してVTを越えるとオンして抵抗をショートするようにします。例えばFETに2SK2232(秋月で100円)、R1=100KΩ、C1=100uF、約1秒でR4=5Ω5Wをショートします。FETは殆ど発熱しませんので放熱板は不要です。

この記事へのトラックバック