真空管アンプ用電源モジュール発売!

Re Electronics様より真空管アンプ用高圧スイッチング電源モジュールが発売されましたので紹介します。
http://www.re-electronics.com/の電源モジュールから商品ページへ移動します。


画像

モジュールのサイズはW62mm×D43mm×H40mmと小型です。入力はDC24Vで最低動作電圧は16Vとなっています。出力電圧はDC200V~300Vをモジュール上のボリュームで変えることができます。なお、300V以上でも出力が可能ですが、モジュール内部のコンデンサの耐圧が350Vとなっていますのでご注意下さい。また、入出力は非絶縁型となっています。


画像

PWR端子がDC24V入力、SD端子はGNDに接続すると出力が出ます。OUT端子が高圧出力、GND端子(左下と右下)がそれぞれGND入出力です。


画像

上記のグラフは出力電圧と電流を示したものです。例えば出力電圧を250Vとしますと、取り出せる最大電流は約50mAとなります。モジュールは小型ですので、例えばステレオの片チャンネルに1個ずつ使って電流を稼ぐことができます。

出力電圧が降下する電流までは使用可能です。取り出す電流が多ければスイッチング周波数が高くなり、効率が良くなりますが残留ノイズは多めになります。効率は60%~70%ですが出力電圧が高いと効率は低めになります。

★基板の固定方法
モジュールにはピンが出ています。丸ピンICソケットhttp://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00673/をユニバーサル基板に立てればOKです。私はケースの高さの制約のため、モジュールに樹脂スペーサーを瞬間接着剤で固定しています。


★どのくらいの容量のACアダプターを用意すれば良いか?
モジュールの効率を60%、ACアダプターの電圧を24Vとします。
必要な電圧をV、電流をIとして、ACアダプターの容量Wは W=V*I/0.6 で求められます。
仮にV=250(V)、I=0.05(A)とすると、W=250*0.05/0.6=20.8(W)となり、電流は20.8/24=0.87(A)となります。

ヒーターの点火も共用する場合はヒーター電流を加算して下さい。真空管のヒーターは冷間時には低抵抗となっていますので、ACアダプターの容量に余裕を設けるか、ヒーター回路にスロースタートを入れる必要があります。


★ショート保護回路
モジュールには保護回路がありませんので、出力をショートさせると壊れます。故障防止にはヒューズを入れるかショート保護回路を組むと良いでしょう。


画像

FETリプルフィルタにショート保護回路を組み込んだ例を示します。TR1のVBEが0.6Vになるとオンし、FET1のVGSが0Vになって+Bに電流が流れなくなります。この例では0.6(V)/5.6(Ω)=0.107(A)を越えると保護が働きます。


★小電流でのブリーダー抵抗追加
モジュールは取り出す電流によってスイッチング周波数が変化します。電流が少ないと周波数が低下し、可聴周波数に下りてくる可能性があります。そのためプリアンプなどの小電流用途にはブリーダー抵抗を入れることをお薦めします。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

klmnji
2013年01月25日 21:07
いよいよ販売開始ですね。
た~
2013年01月26日 00:46
待ってました!
早速、注文してみました~
いなの
2013年01月26日 10:10
皆さん手が早いですね。すでに品切れでありました。。
おんにょ
2013年01月26日 10:22
皆さまこんにちは。発売から1日足らずで品切れとは誠に申し訳ございません。確認中ですのでお待ち下さい。

おんにょ
2013年01月26日 12:27
どうやら少量販売で様子見といったところですね。もし売り切れでしたら時間を置いて再度アクセスしてみて頂けますか。

この記事へのトラックバック