DC-DCを使用した10EM7シングルアンプ・ノイズ低減

評価編でDC-DCのVoutに22mV程度のノイズがあると書いたが、低減できるかどうか実験してみることにした。

一番簡単なのはVoutにCRによるLPFを入れることだ。LCによるLPFも試してみることにした。


画像

実験回路は手持ち部品を使って100Ω+47uF、100uH+47uFで行った。結果はどちらも22mV→0.25mVまで低減できた。

CRによるLPFでは+Bのインピーダンスが上昇する。クロストークは20Hzで17~18dBほど悪化。LPFを片チャンネル毎に用意する必要がある。また抵抗分により+B電圧が6.5V低下した。

残留ノイズはLch 2.7mV→1.0mV、Rch 2.6mV→0.5mVまで低減。これ以上はDC-DCをシールドしないと難しいだろう。Lchのほうが多いのは、DC-DCのインダクタから発生するノイズをOPTの配線が拾っていると考えられる。


画像

これはLCによるLPFを入れてクロストーク特性を測定したもの。残留ノイズが低減したので埋もれていた特性が浮かび上がってきた感じ。20Hz~20KHzで-62dBを確保している。


画像

これはCRによるLPFの波形。上がVoutで下がLPF出力。1.1Vp-pが0.14Vp-pまで減少している。


画像

これはLCによるLPFの波形。上がVoutで下がLPF出力。1.1Vp-pが0.12Vp-pまで減少している。LPF出力のノイズの周波数を読み取ってみたら86MHzとなった。アンプの動作とはかけ離れているから問題にはならないだろう。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ケン
2012年12月13日 08:35
 おんにょさんのクロストーク測定で100KHz以上でも70dBのデータが出ていますが、1Wの出力でF特も-20dBぐらいな状況でどのように測っているのでしょう。生データがあれば教えてください。
おんにょ
2012年12月13日 18:14
ケンさんこんにちは。
クロストークは入力電圧一定で測定しています。20Hz~20KHzを管理目標とし、それ以外の周波数は傾向を知るための目安と考えています。
ケン
2012年12月14日 07:42
 なるほどそうでしたか。それで高域のクロストークの値が理解できなかったのが判りました。

この記事へのトラックバック