DC-DCを使用した10EM7シングルアンプ・製作編

今回は10EM7シングルアンプの製作編。


画像

回路はできるだけシンプルにしたので、レイアウトもコンパクトにしたい。ケースはTAKACHIのMB-32にした。W140mm×D140mm×H60mm。このケースの蓋にパーツを組み込む。


画像

これが穴開け図。丸穴しかない。電源スイッチはLED付のものにした。


画像

作成した実体図(みたいなもの)。シャーシの内側から見るので、左右を反転させて印刷してある。


画像

実際に部品を乗せて干渉が無いかどうかチェックしているところ。


画像

穴開けは丸穴しかないから数時間で終わった。USソケットの穴と電源スイッチの穴はシャーシパンチで開けた。電源スイッチは21mmで開けたのだが、少し大きくてガタガタする。


画像

いきなり配線完了。電源部はDC-DCだし、シングルアンプのごく単純な回路構成だからすんなりできた。電源スイッチはたまたまあったセメダイン・スーパーX2で固定した。

DC-DC下にとぐろを巻いているのはOPTの配線。切って短くすればいいんだけどね。OPTの再利用もありうるから貧乏臭くそのまま。

動作確認は次回へ。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック