6N6Pパラシングルアンプ・フェイスリフト

6N6Pパラシングルアンプとしては久しぶりの更新となる。


画像

フロントパネルをフェイスリフトしてみた。いや、フェイスリフトというのはクルマ関係の用語なのだが、あえて真空管アンプでも使わせてもらおう。


画像

作った当初はあまり気にもかけなかったのだが、アンプの正面からアルミの端処理したところが見えてしまっていた。ちゃんとしたフロントパネルをつけようと思いつつ、数年経ってしまった。

ところがとある掲示板にて、フロントパネルにアクリル板を取り付けた方がいて、いいなあ、と思った。

でも自分でアクリル板を加工すると、端処理がいかにもシロートのごとく、みっともなくなってしまう。そこで調べてみるとあるんだね、カットしてくれる店が。

色はブラウンのスモーク(押出し)にした。指定寸法にカット、端を磨き処理、ロッカースイッチとボリュームの穴開けをお願いした。代金は加工費込みで705円(送料別)だった。


画像

確か1週間くらいで届いたと思う(画像左側)。早速アンプにあてがってみると、サイドウッドが邪魔をして取り付けできない。シャーシの横幅は170mmのはずなのだが、実際はもう少し狭くできているのだ。

せっかく磨き処理してもらったのだが仕方ない。端を棒ヤスリで削ることにした。サイドウッドと接するから、その気で見ないとわからないので良しとする。

ロッカースイッチは前面から止めるようになっているので配線を一旦外す。ボリュームのナットを外してみたら、アクリル板の厚みがあって再び取り付けることができない。

ボリュームシャフトのシャーシ内についていたナットを外すためには配線を外さなければならない。簡単にできると思っていたのだが、大がかりになってしまった。


画像

アクリル板は棒ヤスリでガリゴリやっていたら出来た。アクリル板をロッカースイッチで挟み込むようにして、ボリュームにナットを取り付けたら完成。

人間がサングラスをかけたら視線がわからなくなるように、アルミの端面がわかりにくくなったと思う。前よりは見映えが良くなったでしょ?


画像

フェイスリフトを行ったついでに銘板を取り付けることにした(画像右側)。リプルフィルタFET用の放熱穴が真空管用の放熱穴に対して縦と横に走っていて変に見える、というのは製作当初からわかっていた。リプルフィルタの発熱は大したことはないので、ふさいでしまっても構わない。

手持ちのアルミ板を50mm×60mmにカットしてスチールグレーのスプレーで塗装。白のインスタントレタリングで"6N6P PARASINGLE AMPLIFIER"と入れた。字が左側に寄ってしまったが、仕方ないね。下手くそだから。うーむ。


画像

こちらは両面テープでペタッと貼り付けておしまい。どうかなあ?

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

前面パネル細工のひとつ
2012年10月13日 18:33
 前面パネルに台所の廃品のまな板(プラスチック製)を切り出して、汚れた面を徹底的にサンダーで磨きだしてVR軸などの部分は裏面からステップドリルなどでナット分をザグッて両面テープで貼り付けて・・何となくまな板の白も磨き上げるとコーリアンの様な風情がでて面白いかも?。難点はロッカーSWとかの角穴、削り粉が静電気でまとわり付いて
困る点!。
おんにょ
2012年10月13日 20:20
前面パネル細工のひとつさん、こんにちは。はて、どなたでしょう?
書き込みありがとうございます。手持ちのものを生かして加工、大いに結構です。アンプの顔は全体の出来・不出来を左右しますので今回は奮発してみました。それでも送料のほうが高かったりするんですけどね。
静電気は困ったものです。刷毛で払おうとすると、別のところにくっついてしまったりします。

この記事へのトラックバック