TU-894改・再塗装と実体図作成

TU-894の再塗装を行う。トランスの錆びや傷のあるところをペーパーがけした。

次に配線を養生してトランスにプラサフをスプレーする。下地の油抜きをやらなかったら、所々アバタの模様ができてしまった。ペーパーがけしてアルコールで拭き、再度プラサフを塗ったが同じようにアバタができてしまう。染みこんでしまった油は、塗装を全て落とさないとダメみたい。


画像

程々にして本塗装を行う。下地処理がいいかげんで少し凸凹しているが妥協しよう。端子類のプレートも黒で塗装した。


画像

ビス間を計ったら丁度8Pの平ラグが止められることがわかったので、電源基板を平ラグで組むことにした。大きな電解コンデンサはその形を、他は記号で書いてみた。コンデンサを横倒しにすればケースに収まると思う。


画像

真空管ソケットの周りにCR部品を立ラグで配置してみた。込み入っているが何とかなりそう。C2とR5が苦しいが、無理だったらR3とC3を別の場所に移そう。基板に乗っていたのを集中配置するからこんなふうになる。

塗装が乾いたら組み立てに入る予定。

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック